2017年10月31日

秋の遊び〜

遠足でのハイキングや園庭などで、落ち葉やドングリなど、秋を感じながら、色々な物を見つけてきている子ども達。

IMGP0234.JPG


それらを使って様々な遊びが始まっています。


ドングリ転がし
IMGP0235.JPG


「♪ドングリころころ♪ドンブリコ〜♪」
歌を歌いながら転がしたり、


トンネルや壁などみんなで増やして
IMGP0244.JPG


いろんな道、コースが出来ました。
IMGP0245.JPG


IMGP0247.JPG

季節を感じられる素材を使って、
いつもとは違った遊びを思いついた子ども達でした。

日々の生活の中の発見やひらめきを、遊びにつなげていける子ども達になっていって欲しいですね。
posted by みどり次郎 at 16:13| Comment(0) | 園生活

お芋掘り

年長組が植えたサツマイモを年中組と年長組で掘ってきました。

姉妹級で歩いて畑へ・・・
IMGP0031.JPG



「みんなで頑張るぞ、エイエイオー」
IMGP0051.JPG


IMGP0079.JPG



こんなに立派なお芋が出来ていました。
IMGP0065.JPG



つるを・・・引っ張って・・・
うんとこしょ!どっこいしょ!
IMGP0081.JPG





おいも見つけた〜
IMGP0057.JPG


IMGP0059.JPG


IMGP0061.JPG


ながーいおいもだー
IMGP0064.JPG

IMGP0068.JPG

IMGP0070.JPG


いっぱい取れた〜
IMGP0074.JPG


IMGP0075.JPG

IMGP0076.JPG

IMGP0077.JPG


IMGP0080.JPG





IMGP0083.JPG



たくさん収穫できたお芋。
お芋パーティーをして自分たちで食べたり、

年長さんが緑ヶ丘小学校、みどり保育園、みどりの丘3番館高齢者住宅におすそ分けに届けに行きます。


posted by みどり次郎 at 00:00| Comment(0) | 園生活

11月の園便り


 11月の園便り

先週から今週にかけて、日本の南の海上を北上し東海地方に上陸した台風21号ですが、これまでで最大級といった表現であらわされただけでなく、今回西日本から関東地方に伸びていた秋雨前線にも影響を与え、長い期間各地に雨が降り続き、記録的な降水量となって、大きな爪痕を日本各地に残しました。皆様のご実家やご親戚は如何でしたでしょうか。もし被害等があったならば、心からお見舞い申し上げます。

さて、今回の台風では有りませんが、この処私達がかつて経験をしたことのないような異常気象の発生や、東日本大震災以降、関東から西日本にかけて分布するいくつかの断層の中で、今後20年以内に大きな地震が起こる可能性がかなり高い数値で示されていること等を鑑み、この度保護者の皆さまにご協力をお願いして、園までの “徒歩によるお迎え”を実施させて頂きたいと存じます。此れまで当園に通われている皆さまのお住まいが、かなり広範囲であることを考慮して実施を見合わせてきましたが、先に述べた事例に類する事態がいつ起きてもおかしくない状況であると判断し、“徒歩によるお迎え”を実施させて頂きます。今回は初めての試みでもありますので、実施に当たり多少幅を設けましたので、お仕事やその他のご都合をご検討頂き、実施に向けた配慮をお願いしたいと存じます。仕事との調整等がどうしても難しい場合には、今回はご無理をなさらないで結構です。但し、出来るだけ今年度中にどこかでお時間を作っていただき、今回の趣旨に沿った形でのお迎えをお願い致します。

また、徒歩によるお迎えの過程で緊急時を想定し、危険個所の有無の確認も併せてして頂くことをお願い致します。特にお住まいの地域周辺の危険と思われる道路や通行箇所などを確認しながら、簡単な地図を作って記しておかれると、もしもの時に冷静な対応が出来るのではないかと考えますので、併せてよろしくお願い致します。

さて、子ども達は運動会だけでなく、此れまでの行事や友達との関わりに中で、様々な経験をし、色々なことをやり遂げたことで、個々の中にそれなりの自信と仲間と関わりながら協力する事の楽しさを実感できたのではないでしょうか。此れから年度の後半に向けての園生活では、“仲間作りと育ち”を大切にした生活を目指していきたいと思います。11月早々のみどりっ子のお祭りや12月に予定されているめばえの会の行事を、目標に向けた活動の核にしていきたいと考えます。また、日々の生活に於いては、此れから本格的な冬に向かっていきますので、晩秋の自然事象などを肌で感じながら、晴れた日には出来るだけ外に出る等して、仲間同士思う存分遊び込む生活を心掛けていきたいと思います。

尚、みどりっ子のお祭りでは、子ども達・保護者そして教職員が心を一つにして、テーマに沿って作り上げていく過程で、相互理解とやり遂げた達成感を共有することが出来る貴重な機会と考えます。また、学年によって違いがありますが多くの大人たちに助けてもらいながら、見知らぬ世界のことに触れたり、知らない事への興味関心へと繋がっていくのではないでしょうか。さらに、12月にはめばえの会があります。詳しい事は改めてお伝えしますが、みどりっ子のお祭り同様、作り上げていく過程で自分の思いや考えを出し合ったり、更に友達の思いにも気付き、その中で調整しながら一つのものを作りあげる貴重な経験になる事でしょう。


続きを読む
posted by みどり次郎 at 00:00| Comment(0) | 園だよリ