2018年11月28日

11月の園だより



    11月の園だより

幼稚園の絵本のお部屋がリニューアルして半年。子ども達にとって、とても魅力的な場所となっています。誘い合って中に入り込んでは、友だちとページをめくりながら何か楽しそうなおしゃべりをしている姿や、一人でじっと見つめる様子を見ることが出来ます。一方、其れまであった絵本のコーナーには保護者向けの本や雑誌が置かれています。先日、その中で童話作家の中川季枝子さんの書物を読み返している中で、是非お知らせしたいところがありましたのでご紹介します。親は仕事に就いていようとそうでなかろうと日々忙しいものです。そういう中で「忙しくてかまってやれない」と心配する親御さんは、その心配している分子どもに心をかけていることになっているはずだし、その心のかけようは必ずや子どもに通じているはずだと。そして、その事を負い目に感じて子どもに詫びたり、ふびんがって甘やかしたりしては、お互いにマイナスになるばかりだというのです。其れよりも少ない時間を、母子の触れ合いとか密度の濃いものになるような楽しみを考えてみると“絵本”が最適ではないかと述べています。また、我が子に読んであげるときには、大げさな身振りや口調を加えると、語り手の印象が強くなってしまい、肝心のお話のイメージが消滅してしまいます。普段通りの変わらぬ声で、その日その時のお母さんの気分にあわせて楽しんで下さいとも。

幼稚園でもお帰りの会の中で、子ども達一人ひとりの顔を見ながら声を掛け、その日が充実した日となったか推察する一方で、わらべうた・手遊びや物語の本を読んだり、絵本も楽しみます。勿論絵本の時間は、一日の中で一番落ち着いた心穏やかな時でもあります。保育者の読む本を食い入るように見る子ども達の絵本への期待を込めた輝く瞳を見るとき、保育者も大きな喜びを感じます。ただ、よい本だからといってどれでも子どもが飛びつくとは限りません。また折を見てまた読んであげれば良いのです。季節も晩秋となって夜長のこの時期に、是非絵本を親子で楽しんでみて下さい。

さて、来週末には「めばえの会」があり、各クラスとも少しずつ劇のお話創りや劇ごっこを楽しんでいます。今年も例年通り、年長児は此れまで経験した出来事や、絵本などの空想の世界で楽しんだこと等、子ども達が其々に出し合いそれらを繋げた大冒険物語を。年中児は此れまで毎日のように読んでもらっている絵本の中から、自分たちの一番のお気に入りの絵本の世界を劇で再現してくれます。そして年少児も同じように保育者から読んでもらった絵本の中から、お気に入りのお話を繰り返しごっこ遊びで楽しんでいる様子をご覧頂きたいと思います。

また、劇創りの過程で此れまでみんなの前であまり声を出さなかった子が、大きな声でセリフが言えたり、大人しいと思われていた子が、お話創りをリードしてくれたりと、お友達の違った一面に触れることもあります。その一方で、どうしても年間予定で決まった日時での開催となりますので、クラスの劇創りの進捗状況にも違いもありますが、どの子にとってもその日に力が最大限に発揮され、子ども達の意欲と思いが感じられるようにしたいと思いますので、保護者の皆さまも劇の面白さを感じて頂いたり、表現体験を通して子ども達が変わる機会と考えて頂き、温かい声援と眼差しでご覧いただけたら幸いです。

ところで、今月下旬には冬休みを迎えますが、このお休みはクリスマス、年の瀬、お正月といった行事が続くお休みでもあります。特にクリスマスは幼稚園でもサンタクロースの登場やサンタさんからのプレゼント等もありますが、これらは夢と空想の部分を大切にしておりますし、子どもも一年間“自分なりに頑張った”事が、保護者を始めまわりの大人たちから認められたことで、大きな自信にもなるのだと思います。そして、サンタさんからのプレゼントもその延長線にしていけたらとも考えています。また、このお休みを利用して故郷に帰省されたり、旅行に出かける計画を立てていらっしゃるご家庭もあるかと思いますが、日頃忙しくしているご家庭では、家族の温かさを実感できる最適なお休みでもあると思いますので、大切にお過ごしください。また、子ども達にとっては、日本古来の伝統文化に触れる機会でもありますので、ひとつひとつの行事や、風習をお子さんに伝えていただくことで、子ども達の中にもその良さが根付くといいですね。

どうぞご家族そろって、健やかな新年を迎えられますこと祈念しております。

posted by みどり次郎 at 15:42| Comment(0) | 園だよリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: