2019年06月27日

7月園だより

7月園だより

先週末のバザーでは、みどりの会役員の皆様、バザー実行委員の皆様さらにはご協力くださった多くの皆様本当にお疲れ様でした。今年のバザーは異例ずくめの中での開催となりましたが、関係の皆様が冷静に対応してくださったお陰で、時折雨が落ちてくるあいにくの天候でしたが、それを上回る熱い思いが感じられるバザーだったかと思います。改めて皆様大変ご苦労様でした。そして有り難うございました。

ところで、先日「スタートカリキュラムと幼小連携について」の研修会が横浜で開催されました。これは、来年度から実施される新学習指導要領では、小学校が幼稚園・保育園と連携し、新一年生が小学校生活や学習にスムーズに馴染むように、入学当初の教育課程を作成する動きを受けて行なわれました。このスタートカリキュラムとは、令和2年度から実施される小学校の新学習指導要領では、幼児教育とスムーズにつなぐ方策と位置づけられていて、先駆的に行なわれている横浜市の小学校での取り組みを校長先生から直接聞く機会でした。校長先生は先ずスタートカリキュラムを考えていく上で、小学校として幼児の育ちや学びを理解する事から始め、幼稚園や保育園関係者と共に、新一年生に対して「期待する子どもの姿」を共有する事の大切さ、そしてそのことにより、子ども自身が、入学後も安心して自分を発揮することができることから、学校で出会う仲間に対しても、分け隔てることなく関わりながら、お互いに思いや考えを伝え合う姿が見られた、さらには小学校での学習に期待と意欲を持って学ぼうとする子ども達の姿を、幼稚園、保育園と小学校が共有する事の大切さを述べられていました。また、教室内の環境も、従前通り黒板に向かって、机といすが配置するだけではなく、幼稚園の保育室のように、友だち同士の関わりを促す遊具であったり、カーペットなどを敷いて、居心地の良い空間を作ったりと、子ども達の主体的な活動が出来やすい工夫がされていました。また、そこから、一年生なりに学校生活の仕方を考えたり、学習面でも自分達で気付いた問題や疑問を、自分達で解決できるように、導いていく教育を始めているようです。この緑ヶ丘幼稚園で過ごした子ども達が、小学校に入学しても自信を持って学校での学びを深めていけるように、連携をさらに深めていきたいと思います。

さて、今月は1学期の締めくくりの月となりますので、此までの園生活で子ども達一人ひとりの中で育ちつつある仲間との生活や自己表現する力を確かなものとなる様にしたいと思います。その為に今月予定されている夕涼み会やお泊まり会、さらには地域で開催されている夏祭りへ子ども達が主体的に取り組むようにしていきます。夕涼み会は夕方から登園してきて、いつもと違う世界を、お友達と一緒に楽しめるようにしたいと思います。なお、ちゅうりっぷ組の子ども達は、昨年と同じように姉妹園の2歳児専用の保育施設である「ちいさなおうち」へ登園してから移動して、3施設合同の“夏ならではの楽しい時間”を過ごしたいと思います。なお、お迎えについては、住宅地に立地していますので、時差でのお迎えをお願いしたいと思いますので、その節はご協力宜しくお願い致します。

またお泊まり会については先日の保育参観後の説明会でもお話ししたように、2泊と言うことで親子ともに多少の戸惑いがあるかもしれませんが、是非ご参加をお願いします。今回もすべての行程はグループごとの行動になりますし、“自分のことは自分で”が基本となります。仲間と寝食を共にしながら互いに助け合ったり、グループの保育者や友だちとじっくりと関わる機会となり、さらに豊かな自然を身近に感じながら、仲間と共に3日間を共にすることで仲間との絆も深まりますので、この経験が子ども達にとって大きく成長する絶好の場と考えています。

そして中旬を過ぎると夏休みに入りますが、夏ならではの遊びと言えばやっぱり戸外での遊びとなります。例年のことですが、熱中症等には十分お気を付け下さい。そして此まで身についてきた生活リズムを堅持して頂きながら、午前中を中心に少しゆっくりと過ごすとか、毎日決まったお手伝いをしてもらうのも良いかと思います。例えば、夏野菜の収穫とか生き物の世話などはどうでしょうか?毎日の繰り返しをしていく中で、色々な学びや気付きもあるのではないでしょうか。生き物は此まで幼稚園で子ども達がお世話してきた生き物の、夏休みだけの里親を引き受けるのもよいかと思います。此ですと一時的ですし、普段の園生活で親しんでいますので、お子さんにとっても大きな負担にはならないと思います。また、毎年申し上げていますがお風呂の残り湯での水遊びも楽しいものです。ただし大人の目は絶対離さないようにお願いします。(子どもは時に水嵩が10センチ位でも溺れることがありますのでご注意ください)

最後に、このお休み中ご家族でのゆったりとした生活を送ることで、子ども達は沢山のエネルギーを蓄える期間でもあります。どうぞゆったりとお過ごし頂き、日々の何気ない生活の中で楽しい思い出を創って下さい。


posted by みどり次郎 at 15:01| Comment(0) | 園だよリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: