2019年10月29日

11月園だより

11月園だより





22日、天皇陛下が即位を国内外に宣言される「即位礼正殿の儀」が行なわれました。儀式には世界中から2千人近い賓客が招かれ厳かに執り行われました。天皇陛下は上皇陛下が掲げられた「国民の幸せと世界の平和を」引き続き願われ日本国民の象徴としてのつとめを果たすことを誓われました。皆さんもテレビ等でご覧になっていた方も多かったかと思いますが、儀式が始まる直前まで雨が落ちていたのが、始まると同時に雨が上がり、なんと時折宮殿内に日が差してきた様子を見て、私は改めて日本は日出ずる国なのだと実感しました。


 話変わって運動会前日、夕方小学校に行って鍵の授受を受けたあと、校庭の様子を確認していたときに東の空にとても綺麗な虹を発見しました。これを見て明日の運動会が好天に恵まれ、充実したものとなることを確信しました。当日は朝早くから有志のお父さん・お母さん方の協力のもと、水たまりの水抜きから会場の設営そして撤収までご協力頂き、大変助かりました。有り難うございました。


 さて、運動会はいかがでしたでしょうか。我が子の伸び伸びとした姿や、がんばって挑戦している様子が見られたでしょうか?若しかしたら力を発揮しきれていない子もいたかもしれませんが、200人の子ども達がいれば、200通りの子どもの姿があっていいはずです。前日に興奮して眠りが浅くて、気持ちにムラが出来てしまったり、最初の競技の結果が自分の考えていたものと違ったことで、意欲が萎えてしまうことも有るかもしれません。そして、その事を一番分かっているのは子ども自身でもあるのです。しかし、 大切なことは、この運動会がゴールでも何でもないと言うことと、仮に今回の運動会で自分を出し切れなかったとしても、これからの生活の中で少しでも新しいことにがんばってみようかなと思うことなのです。幸いなことに、幼稚園は“みどりっ子の日”のお祭りを始め此から子ども達が主体となって行なわれる行事や充実した生活が待っています。私たちに大切なことは、我が子がこれからの生活の中で自分の意志を持つ事が大切なのだと思います。それを気長に待つことだと思います。


また、運動会当日に「がんばったね」とひと声かけて頂けていただいたかと思いますが、大好きなご両親から労いの言葉も、子どもにとって大きな励ましになるはずです。保護者競技でもお父さんお母さん方が、勝敗だけにこだわるのではなく、ルールを順守し子ども達の良きお手本となる姿を見せて下さいました。皆様お疲れさまでした。


 さて、子ども達は此れまでの行事や友達との関わりに中で、様々な経験をし、色々なことをやり遂げたことで、個々の中にそれなりの自信と仲間と関わりながら協力する事の楽しさを実感できたのではないでしょうか。此れから年度の後半に向けての園生活では、“仲間作りと育ち”を大切にした生活を目指していきたいと思います。11月早々のみどりっ子のお祭りや12月に予定されているめばえの会等の行事に於いても、先に掲げた目標に向けた活動の核にしていきたいと考えます。また、日々の生活に於いては、此れから本格的な冬に向かっていきますので、晩秋の自然事象などを肌で感じながら、晴れた日には出来るだけ外に出る等して、仲間同士思う存分遊び込む生活を心掛けていきたいと思います。


尚、みどりっ子のお祭りでは、子ども達・保護者そして教職員が心を一つにして、テーマに沿って作り上げていく過程で、相互理解とやり遂げた達成感を共有することが出来る貴重な機会と考えます。また、学年によって違いがありますが多くの大人たちに助けてもらいながら、見知らぬ世界のことに触れたり、知らない事への興味関心へと繋がっていくのではないでしょうか。更に、めばえの会の詳細については改めてお伝えしますが、みどりっ子のお祭り同様、作り上げていく過程で自分の思いや考えを出し合ったり、更に友達の思いにも気付き、その中で調整しながら一つのものを作りあげる貴重な経験になる事でしょう。


posted by みどり次郎 at 14:58| Comment(0) | 園だよリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: