2019年10月01日

10月園だより

10月園だより


多くの方が開幕を心待ちにしていたラグビー・ワールドカップ2019がいよいよ始まり、初戦の相手であるロシアに桜戦士が快勝しました。開始直後こそ開幕戦の堅さが見られ先制トライを奪われてしまいましたが、そこから持ち直して4連続トライを挙げて勝利しただけでなく、ボーナス点も獲得して一部リーグ突破に向けて好スタートを切りました。次は世界ランキング1位のアイルランドとの対戦になります。メンバーの中に海外出身者が加わったことで、ラグビーという身体と身体がぶつかり合う肉弾戦ともいえるスポーツの中で、世界ランク10位まで上ってこられたのだと思います。また、ラグビーに関する記事を読みますと、様々な母国を持つ選手達は、互いの文化や考え方を認め合い、尊重し合いながら、共通の目的である決勝トーナメント進出を目指して、地道にこつこつと練習を重ね、世界と互角に戦える技術を身に付け、世界最強レベルの相手に挑戦できるレベルにまでなったそうです。是非次の試合も日本代表選手達の活躍を後押しする意味で、大きな声援を送りましょう。

さて、幼稚園ではこの時期、来年度入園を希望している親子での見学が続いています。園内を案内して回っていますと、子ども達が小さい子に話しかけてくれることがよくあります。自分より小さい子が、園で飼育している動物に興味を持って見ていると、「怖くないよ、触ってみる?」等と声を掛けてくれます。そんな自然な関わりの姿や友達と連れだって自分達のやりたいあそびに向かって活動している姿からも、ここに来て大きな成長を感じさせてくれます。

そんな子ども達も、少しずつ運動会に向かっての活動が盛んになってきました。年中さんは連日のように綱引きや玉入、或いは跳び箱・ラダー・平均台・跳び箱などを繋げてのサーキットを楽しみ、時には、数人で“ヨーイ・ドン”で繰り返し楽しそうに駆け出す姿を見ることが出来ます。年長さんも、時間を見つけては仲良しのお友達が連れ立って、園庭にトラックを引いて、リレーを繰り返し楽しんでいます。また、昨年から取り組むようになった表現活動では、自分達で、考え合いできあがったお話を、どう表現しようかと、皆で音楽を聴きながら、何回も身体を動かしては、その感想を出し合うなどして、意欲的に取り組んでいます。さらに、昨年お兄さんお姉さん達が自信を持って挑戦していた姿を思い出しながら、今度は自分達だと「元気にチャレンジ」に向けて、自分の目標を設定し、その達成に向かって少しずつ挑戦する姿が見え始めています。

年少さんやちゅうりっぷのお友達はと言うと、大きいお兄さんお姉さん達の活動的な姿を横目で見ながら、自分達の気に入った遊びを楽しんでいます。そして、時には、誰もいなくなった園庭に置いてある跳び箱によじ登ったり、保育者が設置したトンネルをくぐって見たりと、年中長さん達の楽しんでいる姿に、多少なりとも影響を受けて、運動的な遊びを楽しむ姿を見ることが出来ています。

ところで、子ども達は、毎日のように、同じ遊びを繰り返し取り組んでいる姿があるかと思いますが、大人から見ると、飽きないのか?又は時には違うことをすれば良いのに、と思われることもあるのではないでしょうか?しかし年齢が低ければ低いほど、子どものあそびには「繰り返す」傾向があるものです。その理由は、子ども自身が、今継続している遊びに納得したかどうかと言うことにあるのです。全身の五感をフルに使って、繰り返し関わりながら、対象物や現象の有り様を自分なりに納得するまで、学んでいる姿なのです。探求者として、あるいは研究者としての乳幼児期の特徴と言えるのではないでしょうか。そんな姿を認められることで子ども達は自己肯定感を積み上げることが出来るのかもしれません。

最後に、2学期は運動会を皮切りに芋掘りやハイキング、そして月が変わるとみどりっ子のお祭りも控えています。子ども達はこの頃になると行事や生活を共にしてきたことにより、自然と仲間を意識したり、存在を身近に感じながら「みんなでやってみたい」と思えるようになっていますし、共に活動することによってお互いに助け合ったり、最初は難しいことでも繰り返して挑戦することによって課題解決の道筋が見えてくるのではないでしょうか。

いずれにしても、2学期の活動では友だちの存在が益々大きくなり、みんなで頑張ろうという意識も芽生えてきます。子ども達が大きく成長するこの時期を大切に、目の輝きが一層増すような充実した活動を積み上げていきたいと考えています。


posted by みどり次郎 at 09:05| Comment(0) | 園だよリ

2019年09月02日

9月園だより

9月園だより


 今夏の天候を経験して、将来に多少の不安を感じてしまいます。6,7月と気温がこれまでの最高を記録すると、一転して7月はいつまでも梅雨が明けず、夏休みに入っても肌寒い日もありました。それが8月に入るとはたまた猛暑が続きました。この傾向は日本だけでなく、世界各地で記録的な猛暑となって、皆様もご存じの通り北極圏でも氷河の融解や山火事が相次ぎました。今年のような異常気象が今後も続く事になると、一番心配になることは地球的な規模での食糧不足が考えられます。そしてその根源となるCO2の排出によっての地球温暖化を、どう食い止めていくかと言うことにかかってきますので、国レベルでの対応だけでなく、私たち一人ひとりがしっかりと考えて行かなければならない問題だと思います。


 さて、教職員もこのお休みの中で、各々が研修に参加し、研鑽に励みました。私も指導的立場や一般参加者として研修会に参加し、講師の先生のお話に耳を傾けました。その中のエッセイストで絵本作家の三宮麻由子(さんのみやまゆこ)先生のお話を聞く機会がありました。冒頭、ご自身の紹介をされたとき、自身が全盲視覚障害者であり、幼児期に全盲になったこと、それによってご苦労もされたのですが、その事をポジティブに捉え、むしろ私は目が見えなくなったことで、“感性を豊かに育てる”ことが出来た。そして、それには両親の温かい愛情が自分に注がれたこと、具体的には、特に「母親が、毎日絵本を読んでくれたことが、今の自分を作ってくれた」ということを、力強く語られました。子ども時代のご自分にとって、読み聞かせが情報収集の全てであり、子どもながらにも、心の耳が肥えることで、見えない世界を知り、知的好奇心を満たす喜びを、豊かに広がる感性と共に獲得されていかれたのです。目の見える私たちは、自分の周囲のことを「見ること」で、一瞬にして、理解する事が出来るけれど、見えなければ自分の全身の機能を鋭敏に働かせて、その気配や波動を捉えようとし、ついには第六感を通して、少しずつ理解していくことになるので、その行為を繰り返すことによって、ご自分の感性と想像力をより鋭敏に磨くことが出来たのだとも仰っていました。「聞くこと」は空間を体感でき、「触れること」は圧倒的に感性を育てるともお話しされていました。三宮先生の絵本は、なるべく早く図書室に置きたいと思いますが、機会がありましたら是非手に取ってみて下さい。そして、講演の最後に、「人は感じたものでなければ、知恵にならない」というラテン語のことわざを紹介して下さいました。


 さて、いろいろな経験や思い出が出来た夏休みも終わり、いよいよ2学期が始まります。これまでの天候を考えますと、まだしばらく残暑が続くような気が致しますし、またこの夏の暑さにより子ども達の体調も気になりますので、しばらくは健康管理に十分気を付けていきたいと思います。ご家庭に於いても、一日も早く幼稚園での楽しい生活を取戻せるように配慮も宜しくお願い致します。


 そして、中旬になりますと学年によっての違いがありますが、少しずつ運動会に向けての活動が始まります。(運動会の内容については次回のお便りで触れていきたいと思います)子ども達の運動的な活動への意欲を高めながら、じっくり進めていきたいと思います。幼稚園で過ごす数年間は一生のうちで運動全般の基本的な動きが身に付き、体を動かす遊びを通して多様な動きを獲得する時期でもあります。


 また、“動き”を繰り返し行う事でよりスムーズなものへとなっていくと同時に、その動きと連動して子ども達が周囲の環境の中で、様々な事象に積極的に関わっていく事で、社会性の発達や認知的な発達も促され、心と体が相互に関連し合いながら、総合的に発達していく時期でもあるからです。また、2学期は運動会だけでなく、ハイキング、芋ほり、みどりっ子祭り等、多くの楽しい活動が目白押しです。どの活動においても子ども達を中心にして、且つ主体的に関わっていけるようにしていきたいと思います。更に、行事だけでなく日々の生活についても、子ども達の主体性と自主性を保障していくことで、一人ひとりの確かな成長を促していきたいと考えております。今学期も子ども達の力を信じ、出来るだけ子どもに委ねていくことで、子ども達もその期待に応える為に、日々の生活を充実したものにしてくれるものと信じています。


 尚、今学期は保護者の皆さまにいろいろな場面でご協力頂く事が有るかと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。








posted by みどり次郎 at 08:51| Comment(0) | 園だよリ

2019年06月27日

7月園だより

7月園だより

先週末のバザーでは、みどりの会役員の皆様、バザー実行委員の皆様さらにはご協力くださった多くの皆様本当にお疲れ様でした。今年のバザーは異例ずくめの中での開催となりましたが、関係の皆様が冷静に対応してくださったお陰で、時折雨が落ちてくるあいにくの天候でしたが、それを上回る熱い思いが感じられるバザーだったかと思います。改めて皆様大変ご苦労様でした。そして有り難うございました。

ところで、先日「スタートカリキュラムと幼小連携について」の研修会が横浜で開催されました。これは、来年度から実施される新学習指導要領では、小学校が幼稚園・保育園と連携し、新一年生が小学校生活や学習にスムーズに馴染むように、入学当初の教育課程を作成する動きを受けて行なわれました。このスタートカリキュラムとは、令和2年度から実施される小学校の新学習指導要領では、幼児教育とスムーズにつなぐ方策と位置づけられていて、先駆的に行なわれている横浜市の小学校での取り組みを校長先生から直接聞く機会でした。校長先生は先ずスタートカリキュラムを考えていく上で、小学校として幼児の育ちや学びを理解する事から始め、幼稚園や保育園関係者と共に、新一年生に対して「期待する子どもの姿」を共有する事の大切さ、そしてそのことにより、子ども自身が、入学後も安心して自分を発揮することができることから、学校で出会う仲間に対しても、分け隔てることなく関わりながら、お互いに思いや考えを伝え合う姿が見られた、さらには小学校での学習に期待と意欲を持って学ぼうとする子ども達の姿を、幼稚園、保育園と小学校が共有する事の大切さを述べられていました。また、教室内の環境も、従前通り黒板に向かって、机といすが配置するだけではなく、幼稚園の保育室のように、友だち同士の関わりを促す遊具であったり、カーペットなどを敷いて、居心地の良い空間を作ったりと、子ども達の主体的な活動が出来やすい工夫がされていました。また、そこから、一年生なりに学校生活の仕方を考えたり、学習面でも自分達で気付いた問題や疑問を、自分達で解決できるように、導いていく教育を始めているようです。この緑ヶ丘幼稚園で過ごした子ども達が、小学校に入学しても自信を持って学校での学びを深めていけるように、連携をさらに深めていきたいと思います。

さて、今月は1学期の締めくくりの月となりますので、此までの園生活で子ども達一人ひとりの中で育ちつつある仲間との生活や自己表現する力を確かなものとなる様にしたいと思います。その為に今月予定されている夕涼み会やお泊まり会、さらには地域で開催されている夏祭りへ子ども達が主体的に取り組むようにしていきます。夕涼み会は夕方から登園してきて、いつもと違う世界を、お友達と一緒に楽しめるようにしたいと思います。なお、ちゅうりっぷ組の子ども達は、昨年と同じように姉妹園の2歳児専用の保育施設である「ちいさなおうち」へ登園してから移動して、3施設合同の“夏ならではの楽しい時間”を過ごしたいと思います。なお、お迎えについては、住宅地に立地していますので、時差でのお迎えをお願いしたいと思いますので、その節はご協力宜しくお願い致します。

またお泊まり会については先日の保育参観後の説明会でもお話ししたように、2泊と言うことで親子ともに多少の戸惑いがあるかもしれませんが、是非ご参加をお願いします。今回もすべての行程はグループごとの行動になりますし、“自分のことは自分で”が基本となります。仲間と寝食を共にしながら互いに助け合ったり、グループの保育者や友だちとじっくりと関わる機会となり、さらに豊かな自然を身近に感じながら、仲間と共に3日間を共にすることで仲間との絆も深まりますので、この経験が子ども達にとって大きく成長する絶好の場と考えています。

そして中旬を過ぎると夏休みに入りますが、夏ならではの遊びと言えばやっぱり戸外での遊びとなります。例年のことですが、熱中症等には十分お気を付け下さい。そして此まで身についてきた生活リズムを堅持して頂きながら、午前中を中心に少しゆっくりと過ごすとか、毎日決まったお手伝いをしてもらうのも良いかと思います。例えば、夏野菜の収穫とか生き物の世話などはどうでしょうか?毎日の繰り返しをしていく中で、色々な学びや気付きもあるのではないでしょうか。生き物は此まで幼稚園で子ども達がお世話してきた生き物の、夏休みだけの里親を引き受けるのもよいかと思います。此ですと一時的ですし、普段の園生活で親しんでいますので、お子さんにとっても大きな負担にはならないと思います。また、毎年申し上げていますがお風呂の残り湯での水遊びも楽しいものです。ただし大人の目は絶対離さないようにお願いします。(子どもは時に水嵩が10センチ位でも溺れることがありますのでご注意ください)

最後に、このお休み中ご家族でのゆったりとした生活を送ることで、子ども達は沢山のエネルギーを蓄える期間でもあります。どうぞゆったりとお過ごし頂き、日々の何気ない生活の中で楽しい思い出を創って下さい。

続きを読む
posted by みどり次郎 at 15:01| Comment(0) | 園だよリ